© 2017 by usaginoaegi. Proudly created with Wix.com

ABOUT US

2017年3月旗揚げ。作・演出の泉宗良と女優の中筋捺喜で構成される。近年は「現代人の実感の喪失」をテーマに創作を行う。現代的な平熱感を特徴とする会話劇をベースに、現代アート・インスタレーションに近い作品を発表する。

ウイングカップ8に参加、作品のテーマと演出の方法論・身体論との合致が評価され、優秀賞を受賞。

​Member

泉宗良

1996年生まれ。大阪府和泉市出身。大阪教育大学在学中に中筋と共に「うさぎの喘ギ」を立ち上げる。

 うさぎの喘ギの全作品の作・演出を担当する。

 自身の生い立ちの特権や実感のなさなど、常に自分自身を俯瞰し、そこから社会全体に瀰漫する空気を感知する。

 作品を作るときは圧倒的な論理的思考で会話劇にメタファーを重ねに重ね、感性で音楽や照明などを作ってゆく。

 頭で考えても面白く、考えなくても気持ちいい(あるいは気持ち悪い)ものを作ることを目指している。

Twitter:@sora_usagi19

中筋捺喜

1996年生まれ。大阪府吹田市出身。大阪教育大学在学中に泉と共に「うさぎの喘ギ」を立ち上げる。

 これまでのうさぎの喘ギの全作品に出演。

 俳優でありながら観た作品の感想を長文にしたため批評を行い、その批評の論理性には定評がある。

 演じる自身の身体や声に自覚的で、自分がどう見えているかに常に気を配りつつ、エモーショナルな空気感と論理を組み合わせてうさぎの喘ギの作品のメインの歯車となる。

《劇団外の活動》

2016年

 べろべろガンキュウ女「最悪なきのうともうない明日」

           「さよならサブカルチャー、おかえり恋心」

2017年

 劇団めいろ「赤毛のアン」

 べろべろガンキュウ女「桜の園」

2018年

 べろべろガンキュウ女「kokoro」(日替わりキャスト)

​ サファリ・P「財産没収」制作助手

2019年

 空の驛舎「ムスウノヒモ」

 サファリ・P「悪童日記」制作助手

Twitter:@anan_nn7

Please reload